Menu

MAIL
SCORERING
迷惑メールスコアリング

機能

診断スコア

本文診断、送信ドメイン認証診断、SPAMエンジン診断、キャリア到達度診断の診断結果から、総合的なメールの健全性をスコアとして算出します。100点が最も良く、点数が低いほど問題があると考えられます。改善アドバイス機能を使えるプランであれば、改善アドバイスの数も表示されます。

自然言語処理を活用して機械学習エンジンが「文脈・名詞」の2軸から、迷惑メールとして判定される確率をスコアリングします。

本文診断

自然言語処理を活用して機械学習エンジンが「文脈・名詞」の2軸から、迷惑メールとして判定される確率をスコアリングします。

送信ドメイン認証診断

メールのエンベロープFromおよびヘッダFromに対して、迷惑メール対策の基本である「SPF」「DKIM」が正しく設定されているかを診断します。

SPAMエンジン診断

ブラックリストへの登録状況、メールフォーマットの正常性、DNS設定などのチェックを行い、スパムと判定される要因がないか診断します。

キャリア到達度診断

国内外で利用されている主要キャリアに対して実際にテスト配信し、メールボックスまでメールが届くか判定します。現時点でdocomo・au・Softbank・Gmail・Yahoo!・iCloud・Outlookへの到達度をチェック可能です。

※メール配信環境はベアメール メールリレーサービスを利用します

分析レポート

過去の診断結果を履歴として保管することが可能です。保管されている診断結果を分析し、送信しているメールの傾向と推移を確認できます。

改善アドバイス

迷惑メールスコアリングによって検出された各種問題点について、診断の詳細内容の解説と、改善するためのポイント・対応策を確認することができます。

項目 チェック内容
NGワード 本文内で使われている名詞キーワードのうちNGワードして考えられるものの確認
メールサイズ 主要キャリアのメールサイズ制限内に収まっているか
メールフォーマット メールフォーマットに問題がないか、マルチパートに対応しているか
オプトアウト 本文内にオプトアウト(配信の解除申請)の方法が記載されているか
本文内URL 本文内のURLの正常性を確認
ブラックリスト メールの送信元、本文内のメールアドレスやURLがブラックリストに掲載されていないか
送信元IPチェック 送信元IPアドレスが日本国内かどうか

※ 一部抜粋

DMARC分析

DMARC集計レポート(ruaレポート)を受信し、自動的に集計して可視化します。SPF・DKIM・DMARCの認証状況をグラフや表で確認することができます。DMARC運用で肝となる送信環境(送信元IPアドレス)管理も行うことができ、認証が失敗している環境はどこなのか、あるいは第三者による「なりすまし」なのか、分析して対策を行うための機能も提供しています。

DMARC分析
機能 内容
ドメイン管理 DMARC対象ドメインの管理を行います。DMARCレポート代行受信用のメールアドレス発行や、DMARCレコードの生成が可能です。
集計レポート 受信したDMARC集計レポート(ruaレポート)を可視化します。SPF・DKIM・DMARCの認証状況をグラフで把握でき、送信元IPアドレスや認証結果でフィルタリングすることも可能です。
送信元IP管理 自社で把握しているIPアドレスやネットワークを登録し、タグ付けして管理することができます。設定したタグはレポート一覧や各種分析にも反映され、タグ別にエラー傾向を確認できます。
分析 以下3つの切り口で、エラーが起きている送信環境や原因について深掘りすることができます。
・エラーパターン分析
・タグ別エラー分析
・なりすまし可能性分析
アラート通知 自動アラート通知の設定をすることができます。アラート通知は日次で、その前日のレポートを分析した上で、指定した条件に該当した場合に通知します。

本文ABテスト

保管している診断メールをもとに複数パターンでテストを行い、結果を比較することで各キャリアへの到達度が最も高いメール本文を検証できます。
現時点ではメールの件名・本文内に記載されているURLとメールアドレスを抽出し、その中から問題があると思われるものを除外してテストを行うことができます。

通知機能

診断において特定の問題が発生した場合に、自動でアラートメールを通知します。通知したい診断結果や改善アドバイスの内容と、通知先メールアドレスを指定できます。

※GOLDプラン以上でのみご利用いただけます

API

管理画面にログインせずに、API経由で診断結果を取得できます。自社システムのUIに診断結果やレポートをカスタマイズして表現することも可能です。

※PARTNERプランでのみご利用いただけます

機能 内容
API認証管理 APIトークンの発行および削除
アカウント管理 診断結果を補完するアカウント情報の取得・追加・更新・削除
診断結果の取得 診断結果を全体およびアカウント単位で取得
改善アドバイスの取得 診断結果に紐づく改善アドバイスを取得
分析レポートの取得 レポートデータを全体およびアカウント単位で取得
通知管理 アカウントに紐づく通知設定の取得・追加・更新・削除
Webhook 診断結果が作成され次第、指定のAPIに対してデータ送信を実施。また、Webhook設定の取得・追加・更新・削除

プレミアムサポート

プレミアムサポートは、通常のユーザサポートと異なり、お客さまが直面している課題に対する具体的なアクションの整理や、DMARCレポートを元にした課題の抽出、ポリシーを強化するための対策の支援など、より踏み込んだサポートを行います。

※ご契約プランにかかわらずプレミアムサポートは契約可能ですが、ご契約中のプランおよび利用できる機能によってサポート可能な範囲が異なります。

項目 内容
診断結果の解説 迷惑メールスコアリングの診断結果に対して、結果の見方だけでなく原因・対策について解説します。また過去の診断結果の蓄積から、メールの特性や傾向についても説明します。
専門的ナレッジの提供 弊社が培ってきたメール運用に関するナレッジを提供します。お客さまの状況・課題に合わせた適切な情報に加え、直近のメールセキュリティの動向についても共有します。
課題整理とアドバイス お客さまが直面している課題を整理し、優先順位をつけて改善に向けた支援を行います。
DMARCレポート運用支援 DMARCレポートの見方や、課題に対するアクションについて支援します。DMARCポリシーを”none” から “quarantine” “reject” に強化するためのアクションについてもサポートします。
月次定例会の実施 月次定例会を開催し、上記項目を中心に現在の状況・課題の進捗について共有します。お客さまからの質問や新規課題についても回答・議論します。