ベアメール

資料ダウンロード

case利用シーン

ベアメールを利用する最適なシーンをご紹介しています。
会員向けのメルマガから、サービスのメール配信機能として利用するシーンなど
さまざまな用途でお使いいただけます。

case.01

自社のメールサーバを構築して
会員向けにメルマガを送信する場合

自社でメールサーバを構築してメールを配信する場合、新しいIPアドレスからのメール配信はキャリアやISPからブロックを受ける可能性が高くなります。なぜなら、キャリアやISPはSPAMメールや迷惑メールかどうかの確認をするために、IPレピュテーションと呼ばれるIPアドレスの評判を指標に判断をしています。配信実績が乏しい新しいIPアドレスは、IPレピュテーションが低くなってしまうため、キャリアやISPからブロックをされやすいです。IPレピュテーションを上げるためには、対象のIPアドレスからの配信実績を増やすことが求められるため、ブロックを受けずに配信ができるようになるためには時間がかかります。
ベアメールは、独自の配信技術と配信実績から高いレピュテーションを受けています。今、お使いのSMTPメールサーバをベアメールに振り向けていただくだけでレピュテーションの管理をしなくてもキャリアやISPのブロックを避けてメールを届けることができます。

自社メールサーバを構築して配信をする場合

自社メールサーバを構築して配信をする場合

ベアメールの場合

ベアメールの場合
case.02

サンキューメールや購入完了メールの
配信確率を上げる場合

サンキューメールや購入完了メールなど、お客さまとのやりとりに必要なメールは、確実に届けなければなりません。しかし、自社のIPアドレスが充分なレピュテーションを受けられていない場合や、何らかの理由でIPアドレスがSPAM判定を受けてしまっている場合は、キャリアやISPからのブロックを受けてしまいます。こうした場合の回避策として、リレーサーバとしてbareMailを経由していただくことで、重要なメールの到達率を向上させることができます。

自社メールサーバを構築して配信をする場合

自社メールサーバを構築して配信をする場合

ベアメールの場合

ベアメールの場合
case.03

クラウドベンダーがメール配信機能の
仕組みとして利用する場合

CRMやMAといったメール配信の機能を持つサービスの場合、メールの到達率は死活問題です。利用者の効果を最大化させることが、サービスの継続的な利用につながるため、メールを確実に届ける必要があります。自社メールサーバもしくはお使いの外部サービスのメール到達率に課題を抱えている場合、中継サーバとしてbareMailをお使いいただくことで、メールの到達率を改善することができます。

自社メールサーバや外部メール配信システムの場合

自社メールサーバや外部メール配信システムの場合

ベアメールの場合

ベアメールの場合
case.04

SMTP25番ポートでメール送信ができない
環境(OP25B)の場合

メール中継オプションをお使いいただくことで、SMTP25番ポートでメール送信ができない環境(OP25B)でも、SMTP認証によるメール配信が可能です。ベアメールの管理画面で、配信結果のサマリや配信ログを確認することができます。

外部クラウドシステム経由の場合

外部クラウドシステム経由の場合

メール中継オプションを利用の場合

メール中継オプションの場合
case.04

API連携でメールを配信したい場合

自社内システムと連携することで、SMTP経由では手間がかかっていたメール配信管理がシームレスに。通常のメール配信はもちろん、メルマガ・ステップメール等の配信管理の手間も軽減できます。またDKIM対応で迷惑メール判定のリスクが低下します。

SMTP経由の場合

SMTP経由の場合

WebAPIオプションを利用の場合

WebAPIオプションを利用の場合