ベアメール

資料ダウンロード

blogベアメールブログ

ナレッジ

バウンスメールが発生する理由と対策方法

bouncemail

目次contents

はじめに

メール配信をする担当者にとって避けられないバウンスメールへの対応。

バウンスメールへの対応を放置したままにしておくと、思わぬトラブルにつながる可能性が出てきます。今回は、なぜバウンスメールは発生してしまうのか?その原因と対策についてまとめていきます。

バウンスメールって何?

メール利用者であれば、送信元(from)の名前が「MAILER-DAEMON」や「Postmaster」、「Mail Delivery System」になっているメールを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

バウンスメールの内容を確認すると、メールが送れなかったことと、その原因が書かれています。これがバウンスメールと呼ばれるものです。(未達メール、リターンメールと呼ばれることもあります。)

バウンスメールの内容は、送信先のメールサーバによって体裁や内容に多少の差異はありますが、基本的には下記の情報が記載されています。

・バウンスした日時

・送信先のメールサーバ情報

・エラーコード

・バウンスした理由

このバウンスメールが届いてしまった場合、メール送信者はバウンスメールに書かれている原因を排除して再度メールを送信する必要があります。

なぜバウンスしてしまうのか?

原因を大きく分類すると「ソフトバウンス」と「ハードバウンス」の2種類があります。

ソフトバウンス:一時的な問題によって発生する送信エラー

・メールサイズが大きすぎる

・受信側のメールボックスに空きがない

・相手先のメールサーバに障害が発生している

ハードバウンス:時間が経過しても解決しない問題によって発生する送信エラー

・メールアドレスが存在しない

・迷惑メールと判定されてしまった

時間を置けば送信が完了するソフトバウンスの場合、バウンスとなったメールの対応が必要になることはありませんが、ハードバウンスの場合、対応をせずそのまま放置し続けると、メール到達率が低下してしまう可能性があります。バウンスメールを確認したら必ず対応を済ませましょう。

どうやって対策する?

基本的に、メール配信における作法にのっとったメール配信をしておけば問題が起きる確率は非常に低くなります。

メールアドレスを最新状態に!

存在しないメールアドレスはリストから除外し、必ず最新の状態を維持しましょう。

迷惑メールと判定されないように対策を!

メールの送信方法や内容に問題がある状態でメールを送り続けていると、スパムやなりすましなどの迷惑メール送信者と誤解され、IPアドレスやドメインがブラックリストに入ってしまうことがあります。

自社のIPアドレスやドメインがブラックリストに登録されてしまうと、ISPによって迷惑メールと認識され、受け取りを拒否されます。正しい対処を行わずに放置したままにすると、いずれメールは届かなくなります。

また、DNSのSPFレコードに送信元グローバルIPが誤った状態で記載されていた場合もメールを拒否される原因となりますので、必ず見直しを行いましょう。

迷惑メール対策技術や、ブラックリストの確認方法、正しいメールの送信方法について詳しく知りたい方は下記の記事もぜひご一読ください。

参考:迷惑メール対策に必要な「SPF」と「DKIM」とは?

参考:IPレピュテーションのスコアを見直せばメール到達率UP!理解しておきたいIPレピュテーション

参考:メール到達率を上げるために必要なこと

バウンスメールが届いてない・・・!?

バウンスメールは、個人間のやり取りであれば、個人のメールアドレスに直接配信されますが、メール配信サービスを利用している場合は、利用しているメール配信サービスの所定の場所(管理画面など)で確認する必要があります。

ただ、それでも確認ができない場合、バウンスメールの送信先のメールアドレスの設定が間違っているかもしれません。

バウンスメールの送信ができなかった場合、相手先のメールサーバは再度送信を試みますが、送信ができない状態が続くと、迷惑メール送信事業者だと判定されてしまいます。

必ず、バウンスメールの送信先(Return-Path)には存在するドメイン、メールアドレスを記載するようにしましょう。この設定を誤ると迷惑メールに判定される可能性が高まります。

まとめ

バウンスメールは、メール配信する際には切っても切り離せないものです。バウンスメールの対応をせずにいると、迷惑メール送信事業者と判定され、メールの到達率をより低下させてしまいます。

だからこそ、メールを配信した後は必ずバウンスメールの検証を行うことをおすすめします。

リンクのベアメールは、お客さまがシステム面で悩む時間をマーケティング活動に注力できるよう、日々、様々な対策を実施し、必要な機能を提供しています。

その中でも配信ログの成功と失敗を分けてダウンロードすることができる機能は、効率的なバウンスメール対応が可能になります。

ベアメールに興味のある方は下記のページをぜひご覧ください。

高いメール到達率を実現するメールリレーサービス ベアメール

この記事を読んだ人へオススメrecommended