ベアメール

blogベアメールブログ

メールが届かない

メールのエラーコード(SMTPステータスコード)の意味と対策

目次contents

はじめに

メールの到達率を改善するには、送信先に何らかの理由で届かずエラーとなった「バウンスメール」を確認しながら、宛先リストを管理していく作業が必要です。このとき、バウンスメールに記載されるエラーコード(SMTPステータスコード)を理解できていれば、コードの内容に応じた判断がしやすく、バウンスメールの対応はよりスムーズに進むでしょう。ここではRFCで定義されているエラーコードだけでなく、Gmailなど大手フリーメールサービスの独自採番によるエラーコードについても、その内容を具体的に解説していきます。

メールのエラーコード(SMTPステータスコード)とは?

本来なら存在しないアドレスや、一時的に使用不可になっているアドレスにメールを送ると「エラーメール(バウンスメール)」が返されます。このとき、「エラーコード」が記載されていることがほとんどです。

エラーコードとは、「3桁の数字+英文のメッセージ」によって構成されたSMTPステータスコード(応答コード)を指します。このコードは、RFC(Request for Comments)によって定義されており、正常・異常を含むさまざまな状態が詳細に分類されています。つまり、このエラーコードの内容を把握することで、バウンスメールへの対応策を絞り込むことができるわけです。

バウンスメールが発生しているということは、何らかの理由でメールが正しく送信されていないということなので、その状態を長期間放置していると思わぬトラブルにつながりかねません。送信メールのエラーが多いと、スパムメールと認識されたり、ISPなどが設置する迷惑メールフィルターの発動を促したりといったデメリットが生じます。さらには、自社の送信元IPアドレスのレピュテーションスコアが低下し、受信を拒否されるケースが増えることで、さらにバウンスメールが増えるという負の連鎖に発展するリスクもあります。こうしたデメリットやリスクはメールの到達率に悪影響を及ぼし、マーケティング施策の効果を出せなかったり、顧客満足度の低下につながったりと事業の成長を阻害することから、素早く適切に対処していきたいところです。

メールのエラーコード(SMTPステータスコード)一覧

では、実際にエラーコード(SMTPステータスコード)について具体的に解説していきます。ここでは、RFCに定義されている一般的なエラーコードが対象です。

エラーコードの番号ルール

RFCによって定義されるエラーコードは3桁の数字からなり、3桁の数字はそれぞれ意味を持っています。



●1桁目

正常・異常などの状態を示す。1桁目が2の場合は成功、4および5の場合は異常(エラー)

2xx 成功

3xx 成功、続きのデータ要求

4xx 一時的なエラー

5xx 永続的なエラー



●2桁目

x0x(Syntax)…文法エラー

x1x(Information)…ステータスやヘルプ要求への応答

x2x(Connections)…通信チャネルに関する応答

x5x(Mail system)…受信側メールシステムの問題など



●3桁目

エラーの具体的な内容に応じて採番

メール送信時に注視すべきエラーコードと内容

上記の採番ルールを踏まえると、「1桁目が4および5」で「2桁目が0および5」のエラーコードに対して注視する必要があると理解できます。下記は、エラーコードのうち、とくに注視すべきものの一覧です。



●一時的なエラー(1桁目が”4″のエラー)

421 <domain> Service not available, closing transmission channel このホストのメール・サービスが利用できない、またはメール転送中にサーバがシャットダウンしたため通信チャネル(接続)を閉じる。
450 Requested mail action not taken: mailbox unavailable 相手先のメールボックスが利用できない(ロックされているなど)ため、処理が実行できない。
451 Requested action aborted: local error in processing 処理中にエラーが発生したため、要求された処理が失敗した。
※多くの場合、受信側のサーバエラーが原因で発生。
452 Requested action not taken: insufficient system storage システムストレージ容量が不足なため、要求された処理は実行できない。



●永続的なエラー(1桁目が”5″のエラー)

500 Syntax error, command unrecognized 文法に間違いがある、もしくは1行に対する文章が長すぎる。
501
Syntax error in parameters or arguments パラメータまたは引数の文法に誤りがある。
502 Command not implemented指定されたSMTPコマンドが実装されていない。
503Bad sequence of commandsSMTPコマンドの発行順序が間違っている。
504Command parameter not implemented 指定されたSMTPコマンドのパラメータが実装されていない。
550 Requested action not taken: mailbox unavailable 宛先のメールボックスが存在しない、もしくはメールボックスが利用できないため、要求された処理は実行できない。
551User not local; please try [forward-path] 受信者が存在しないため、[forward-path]で示されたアドレスへの転送を試す必要あり。
552 Requested mail action aborted: exceeded storage allocation 相手先のメールボックスの容量超過のため、要求された処理が実行できない。
552 Requested action not taken: mailbox name not allowed 相手先のメールボックスの名前が不適切なため、要求された処理が実行できない。
554 Transaction failedメール転送処理に失敗もしくは、SMTPサービスが存在しない(接続開始時の応答の場合)。

4から始まる一時的なエラーは、ネットワークやシステムが不安定なことで発生している可能性が高いです。そのため、少し時間をおいてから再度送信処理を試すか、システム管理者へ問い合わせることをおすすめします。

また、5からはじまる永続的なエラーは、相手先のアドレスがすでに存在していなかったり、相手先のメールボックスに問題があることから発生しがちです。とくにエラーコード「550」や「551」「553」の場合は、メールの送信先が存在しない可能性が高いため、宛先リストからの除外を検討すべきでしょう。一方、「552」が発生した場合は、相手方のメールボックスが容量不足になっていないかを確認してもらう必要があります。

大手フリーメールの独自採番によるエラーコード

エラーコードはRFCによって定義されているものだけとは限りません。大手フリーメールでは、RFCの定義とは別に、独自採番によるエラーコードを用いています。以下は、主要なフリーメールサービスによる代表的なエラーコードの例です。

Gmail

421, “4.4.5”
Server busy, try again later.サーバーがビジー(高負荷など)で状態です。しばらくしてからもう一度お試しください。
421, “4.7.0”Our system has detected an unusual rate of unsolicited mail originating from your IP address. To protect our users from spam, mail sent from your IP address has been temporarily blocked. See Prevent mail to Gmail users from being blocked or sent to spam.メールの送信で使用する IP アドレスから大量の迷惑メールが送信されたことを検出しました。送信先ユーザを迷惑メールから保護するため、こちらの IP アドレスから送信されたメールを一時的にブロックしました。
Temporary System Problem. Try again later.システムの一時的な問題です。しばらくしてからもう一度お試しください。
Try again later, closing connection.しばらくしてからもう一度お試しください。接続を閉じます。
※通常は HELO のステージで SMTP リレーへのサービス拒否(DoS)攻撃を受けていることを意味します。
450, “4.2.1” The user you are trying to contact is receiving mail too quickly. Please resend your message at a later time. If the user is able to receive mail at that time, your message will be delivered. For more information, see Limits for sending & getting mail.送信先のユーザーは、短時間に大量のメールを受信しています。後でメールをもう一度送信してください。その時に相手がメールを受信できれば、あなたのメールは正常に送信されます。
The user you are trying to contact is receiving mail at a rate that prevents additional messages from being delivered. Please resend your message at a later time. If the user is able to receive mail at that time, your message will be delivered. For more information, see Limits for sending & getting mail.送信先のユーザは短期間に大量のメールを受信しているため、これ以上メールを受信することができません。後でメールをもう一度送信してください。その時に相手がメールを受信できれば、あなたのメールは正常に送信されます。
Peak SMTP relay limit exceeded for customer. This is a temporary error. For more information on SMTP relay limits, please contact your administrator or see SMTP relay service error messages.ユーザのピーク時の SMTP リレーの上限を超えています。これは一時的なエラーです。
451, “4.3.0”Mail server temporarily rejected message.メールサーバで一時的にメールが拒否されています。
Multiple destination domains per transaction is unsupported. Please try again.トランザクションごとの複数の送信先ドメインはサポートされていません。しばらくしてからもう一度お試しください。
451, “4.4.2”Timeout – closing connection.タイムアウトです – 接続を閉じます。
451, “4.5.0”SMTP protocol violation, see RFC 2821.SMTPのプロトコル違反です。RFC 2821 を参照してください。
452, “4.2.2”The email account that you tried to reach is over quota. Please direct the recipient to Clear Google Drive space & increase storage.送信先のメール アカウントで保存容量が不足しています。
452, “4.5.3”Domain policy size per transaction exceeded, please try this recipient in a separate transaction.トランザクションごとのドメイン ポリシー サイズを超過しています。この受信者にはトランザクションを分割してお試しください。受信者のドメインのメールポリシーのサイズ(ポリシーのサイズ・ポリシーの数、またはその両方)を超過していることを意味します。
Your message has too many recipients. For more information regarding Google’s sending limits, see Limits for sending & getting mail.メールの宛先の数が多すぎます。1 通のメールに対し合計 500 件を超える宛先に送信したり、1 日に 500 通を超えるメールを送信することはできません。
454, “4.5.0”SMTP protocol violation, no commands allowed to pipeline after STARTTLS, see RFC 3207.SMTPのプロトコル 違反です。STARTTLS の後にはコマンドをパイプライン処理することはできません。詳細については、RFC 3207 をご覧ください。
454, “4.7.0”Cannot authenticate due to temporary system problem. Try again later.システムの一時的な問題により認証できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
550, “5.1.1”The email account that you tried to reach does not exist. Please try double-checking the recipient’s email address for typos or unnecessary spaces. For more information, see Fix bounced or rejected emails.このメール アカウントは存在しません。送信先のメール アドレスをもう一度確認し、誤字や不必要なスペースがないかどうか確認してください。
550, “5.2.1”The email account that you tried to reach is disabled.このメールアカウントは無効です。
The user you are trying to contact is receiving mail at a rate that prevents additional messages from being delivered. For more information, see Limits for sending & getting mail.宛先のユーザは短期間に大量のメールを受信しているため、これ以上メールを受信することができません。
550, “5.4.5”Daily sending quota exceeded. For more information, see Email sending limits.1 日あたりの送信容量を超過しました。詳細については、メール送信に関する制限事項(https://support.google.com/a/answer/166852)をご覧ください。
Daily SMTP relay limit exceeded for user. For more information on SMTP relay sending limits please contact your administrator or see SMTP relay service error messages.ユーザの 1 日あたりの SMTP リレーの上限を超えています。SMTP リレーの送信の上限については、管理者に問い合わせるか、設定をご確認ください。
550, “5.7.0”Mail relay denied.メールリレーが拒否されました。
Mail Sending denied. This error occurs if the sender account is disabled or not registered within your Google Workspace domain.メール送信が拒否されました。送信者アカウントが無効になっているか、Google Workspace ドメインに登録されていないと、このエラーが発生します。
550, “5.7.1”Email quota exceeded.メール容量を超過しました。
Invalid credentials for relay.リレーのための認証情報が無効です。
Our system has detected an unusual rate of unsolicited mail originating from your IP address. To protect our users from spam, mail sent from your IP address has been blocked. Review Prevent mail to Gmail users from being blocked or sent to spam.メールの送信で使用する IP アドレスから異常な数のメールが送信されていることをシステムが検出したため、この IP アドレスから送信されたメールは迷惑メールを防止する目的でブロックされました。
Our system has detected that this message is likely unsolicited mail. To reduce the amount of spam sent to Gmail, this message has been blocked. For more information, see Why has Gmail blocked my messages?このメールはシステムによって迷惑メールの可能性があると検出されました。Gmail に送信される迷惑メールの量を減らすためにこのメールはブロックされました。
The IP you’re using to send mail is not authorized to send email directly to our servers. Please use the SMTP relay at your service provider instead. For more information, see ‘The IP you’re using to send email is not authorized…’.メールの送信で使用する IP アドレスは、Google のサーバへのメールの直接送信が承認されていません。代わりに、ご利用になっているサービス プロバイダの SMTP リレーを使用してください。
The user or domain that you are sending to (or from) has a policy that prohibited the mail that you sent. Please contact your domain administrator for further details. For more information, see Sorry, a policy is in place that prevents your message from being sent.送信先(または送信元)のユーザまたはドメインが使用しているポリシーによりメールを送信することができません。
Unauthenticated email is not accepted from this domain.このドメインから認証されていないメールは受信されません。
Daily SMTP relay limit exceeded for customer. For more information on SMTP relay sending limits please contact your administrator or see SMTP relay service error messages.ユーザの 1 日あたりの SMTP リレーの上限を超えています。SMTP リレーの送信の上限については、管理者に問い合わせるか、設定をご確認ください。
552, “5.2.2”The email account that you tried to reach is over quota.送信先のメール アカウントで保存容量が不足しています。
552, “5.2.3”Your message exceeded Google’s message size limits. For more information, see Send attachments with your Gmail message.Google のメールサイズの上限を超えています。
25MBを超えるファイルを添付することはできません。
553, “5.1.2”We weren’t able to find the recipient domain. Please check for any spelling errors, and make sure you didn’t enter any spaces, periods, or other punctuation after the recipient’s email address.受信ドメインが見つかりません。スペルミスがないこと、受信者のメールアドレスの後にスペース・ピリオド・その他の句読点記号がないことを確認してください。
555, “5.5.2”
Syntax error.構文エラー。

※参考:SMTPエラーリファレンス

Yahoo!メール

441
(受信者のメールアドレス): Sorry, I wasn’t able to establish an SMTP connection. (#4.4.1)
I’m not going to try again; this message has been in the queue too long.
宛先のサーバは存在するが、メールの受け入れをしていません。宛先のメールアドレスが間違っている可能性があります。
443
(受信者のメールアドレス): CNAME lookup failed temporarily. (#4.4.3)
I’m not going to try again; this message has been in the queue too long.
宛先のドメインが不正です。メールアドレスが間違っている可能性があります。
550(受信者のメールアドレス):IPアドレス does not like recipient.
Remote host said: 550 Requested action not taken: mailbox unavailable Giving up on IPアドレス
宛先のアドレスのメールボックスが何らかの理由により使用不可。
IPアドレス does not like recipient.
Remote host said: 550 … User unknown
Giving up on IPアドレス
宛先のメールアドレスが間違っている、もしくは別のメールアドレスに変更されている可能性があります。
※メールアドレスが正しい場合は、宛先のメールアドレスの管理者に問い合わせてください。
(送信者のメールアドレス): Connected to IPアドレス but sender was rejected.Remote host said: 550 Access denied送信者のアドレスが拒否されました。宛先側で受信拒否設定を行なっている可能性がります。
(受信者のメールアドレス):IPアドレス does not like recipient.
Remote host said: 550 Invalid recipient:
(受信者のメールアドレス):
Giving up on IPアドレス
宛先が不正。宛先のメールアドレスが間違っている可能性があります。
553(受信者のメールアドレス):IPアドレス does not like recipient.
Remote host said: 553
No such user here
Giving up on IPアドレス
宛先のユーザが送信先サーバに存在しません。宛先のメールアドレスが間違っている、もしくは別のメールアドレスに変更されている可能性があります。
554delivery error: dd This user doesn’t have a yahoo.co.jpaccount. (受信者のメールアドレス)指定した宛先が存在しません。
delivery error: dd Sorry, your message to (受信者のメールアドレス) cannot be delivered. This account is over quota.宛先のメールボックスの保存容量が規定容量を超え、新しいメールを受け取れません。
(受信者のメールアドレス):IPアドレス does not like recipient.
Remote host said: 554 (送信者のメールアドレス):
Recipient address rejected: Access denied Giving up on IPアドレス
該当サーバが宛先への中継を拒否しました。宛先側で受信拒否設定を行なっている可能性があります。
delivery error: dd Sorry your message to (受信者のメールアドレス) cannot be delivered. This account has been disabled or discontinued.宛先のメールアドレスが何らかの理由で利用停止されている状態。

※参考:メール送信エラーの原因と対処方法(MAILER-DAEMON@yahoo.co.jpからの警告メール)

Outlook

421 RP-001
Outlook.com サーバに接続しているメール サーバ IP が、許可されたレートの制限を超えました。レート制限の理由は、IP/ドメインの評価と関連しています。
421 RP-002 Outlook.com サーバに接続しているメール サーバ IP が、この接続に許可されたレートの制限を超えました。レート制限の理由は、IP/ドメインの評価に関連しています。
421 RP-003 Outlook.com サーバに接続しているメール サーバー IP が、許可された接続の制限を超えました。制限の理由は、IP/ドメインの評価に関連しています。
550 SC-001ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。拒否された理由は、メールの内容が迷惑メールの特徴に似ていることか、IP/ドメインの評価に関連している可能性があります。
550 SC-002 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。Outlook.com に接続しているメール サーバ IP が、名前空間のマイニング動作を示しています。
550 SC-003 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。IP アドレスがオープン プロキシまたはオープン リレーであることが示されています。
550 SC-004 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。この IP アドレスから送信されたメールに関する苦情を受け取ったため、この IP アドレスは受信拒否するように設定されています。
※Junk E-Mail Reporting Program (JMRP) への参加をお勧めします。これはOutlook.com ユーザによって報告された迷惑メールの問題についてレポートを提供してくれる無料の送信者向けプログラムです。リストクリーニングなどに役立ちます。
550 DY-001 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。通常、動的 IP から送信されたメールは受信拒否されます。
550 DY-002 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。考えられる理由として、サーバまたはパーソコンが不正に使用されたかウイルスに感染した可能性があります。
550 OU-001 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。この受信拒否の詳細を参照、または受信拒否の解除を要請するには、(http://www.spamhaus.org)にアクセスしてください。
550 OU-002 ポリシーを理由にメールが Outlook.com によって拒否されました。拒否された理由は、メールの内容が迷惑メールの特徴に似ていることか、IP/ドメインの評価に関連している可能性があります。

※参考:トラブルシューティング

まとめ

利用しているメーラーや宛先のメールサーバによって、表記やエラー内容が異なる場合もありますが、ここでは一般的なエラーコード(SMTPステータスコード)について解説しました。バウンスメールは長期間放置していると、さまざまな制限の誘発やIPレピュテーションの低下、ブラックリストへの登録など、メールの到達率の低下につながりますので、適切に対処していくためにもぜひ参考にしてください。

メールリレーサービスならベアメール

この記事を読んだ人へオススメrecommended

ベアメール

© LINK, INC.